2005年06月22日

イタリア禁煙事情

イタリアで2005年1月10日より、
全てのレストランとカフェを禁煙とする法律が
施行されました。

店内で喫煙する人がいれば、店主は警察に通報する
ことを義務付けられており、客も通報できるという
厳しい法律です。
罰則もあり、違反者は25〜250ユーロの罰金、
妊婦と12歳以下の子供の近くで喫煙すると罰金は
倍になるそうです。

実際に罰金を取られたケースも出ています。

アメリカに比べ、ヨーロッパは、飲食店の禁煙化が
遅れていました。ヨーロッパの中でも、喫煙率が高く、
喫煙に寛容だと思われてきたイタリアでの施行により、
他のヨーロッパ諸国に広まるのも時間の問題です。
日本でも同様でしょう。

法で整備される様な、より一層の禁煙化が進む前に、
完全に禁煙できなくても、数時間我慢できる程度まで
禁煙できるようになっておきたいものですね。

禁煙は無理かもしれませんが、
せめてタバコの害を減らしませんか?



-- 関連記事 --
イタリア禁煙法発令!

外務省海外安全HP(滞在時留意事項7項)

イタリアlovelyニュース

禁煙グッズビタクール紹介ページ(当BLOG)




-- その他BOOKS --
悪魔のマーケティングタバコ産業が語った真実

[PR] オススメ激安コンタクトレンズ『LENS MODE』
[PR] 飲んだ後のこの一本
[PR] ラブコスメティック
posted by ルルる at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
Wardle, 33, said in a statement that this version of events appearing reported is false yet that he cannot consider the specific allegations from the investigation. He said he, his coaches and players are all cooperating along with an independent investigator looking at the matter.
Posted by ケイトスペード 財布 新作 at 2013年08月11日 11:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。